ココロの皮むき

産業カウンセラーとキャリアコンサルタントの資格を取得してから心理学にどっぷりハマっている日々の忘備録。アドラーとかSFAとか受講したセミナーのこととか読んだ本のから得た気付きとか。とにかく心理学に繋がることなんでも忘れないように書いてます。

人生の「谷」にいる時に知っておくと気持ちが楽になる!がばいばあちゃんの言葉

f:id:kokoronokawamuki:20181110222449j:plain

 

こんにちは。
どいつよしです。
 
人生、山あり谷ありって言いますよね。
 
そして、
 
山=良いとき
谷=悪いとき
 
という印象ですよね。
 
イメージの悪い「谷」ですが、
谷だって悪くないなって思える、
素敵な考え方をシェアしたいと思います。
 
この考え方を教えてくれたのは、
タレントの島田洋七さん。
 
1980年の漫才ブームを
牽引した漫才師でもあり、
大ヒットした『佐賀のがばいばあちゃん』の
作家としても活躍しています。
 
1980年に沸き起こった漫才ブームは、
それはそれは面白いほどお金が入り、
女性にもモテまくり、
贅沢し放題だったそうです。
 
でも、
さんまさんやたけしさんの
「ひょうきん族」が始まると、
次第に主役の座を取られるように。
あっという間に人気は急降下。
 
洋七さんは精神的な理由で
休養を余儀なくされます。
 
この時にばあちゃんのもとに帰る時があり、
その時にこう言われたんだそうです。
 
山の頂上は空気が薄いし、
食べるもんも無いから、
あんなところにずっとおれるわけがない。
 
たまには谷に降りて来て、
ゆっくり休んでしっかり食べることも大事や。
 
と。
 
ラジオで話されていたことを
急いでメモに取ったので、
正確でないところがありますが、
 
この言葉を聞いて洋七さんは、
とても気持ちが楽になったんだそうです。
 
洋七さんは休養が明けてからも
『がばいばあちゃん』のヒットまで、
かなりご苦労されるのですが、
 
人気が一気に無くなって
失意のどん底にいる時の
ばあちゃんの言葉があったからこそ、
諦めずに頑張り続けることが
できたのではないかと思いました。
 
人生山あり谷あり
されど谷とて悪くはない
谷にはきれいな川があり
魚がいるし 動物もいる
そして人も住んでいる
谷はええとこ一度はおいで
 
とキレイにまとめてみました。

もし、今、
まさに「谷」にいるという人は、
 
英気を養うこと、
ゆっくりすること、
体力をつけることなどを
優先してみてはいかがでしょうか。
 
再浮上の為のエネルギーが
早く充填されるので、
チャンスが来たときに
すぐに掴むことができる。
ということになりそうです。
 
谷は決して悪い場所ではない。
ナウシカも風の「谷」に住んでいますしね。
 
今日の記事で少しでも、
人生の「谷」に対するイメージが
良くなれば嬉しいです。
 

がばいばあちゃんはこちらでどうぞ!

佐賀のがばいばあちゃん (徳間文庫)

佐賀のがばいばあちゃん (徳間文庫)