ココロの皮むき

産業カウンセラーとキャリアコンサルタントの資格を取得してから心理学にどっぷりハマっている日々の忘備録。アドラーとかSFAとか受講したセミナーのこととか読んだ本のから得た気付きとか。とにかく心理学に繋がることなんでも忘れないように書いてます。

【課題の分離】が対人関係の悩みを取り去り、良好な関係を作る入り口となる!?

f:id:kokoronokawamuki:20181023171531j:plain

 
※このブログでは「個人と個人の結びつき」からみた人間関係を言っている部分に「対人関係」、個人の場合も含めますが「集団や組織」との関係のことを言っている部分に「人間関係」という言葉をゆる〜く使い分けるようにしています。曖昧なところはお許しくださいね。


こんにちは。どい つよしです。
 
前回は、人間関係の悩みを解消するきっかけとして、「人間関係での摩擦は起きて当たり前」ということを知る。ということをお伝えしました。

 


今日は、さらにもう一歩進んで、対人関係の悩みを解消するだけでなく、良好な関係を作ることへと繋がっていく考え方をシェアしますね。
 
ちなみに、僕がオススメしたいのは2つありまして、今日はそのうちの1つをお伝えしようと思います。その考え方とは…
 
 
 

f:id:kokoronokawamuki:20180923094840j:plain

 
 
【課題の分離】です!
 

課題の分離とは?

「人間の悩みはすべて対人関係の悩みである」というアドラー心理学の考え方のひとつに「課題の分離」というものがあります。そして、この「課題の分離」こそが、対人関係の入り口になるんです。
 
他者や家族が期待に応えてくれなくてイライラする。自分の思い通りに物事が進まないと怒る、という人。
 
一方で、ほかの人からの期待に応えようとして苦しんでいる。いい意味で自分本位に振る舞うことができない、という人。
 
この人たちは、「課題の分離」ができていないということが考えられます。
 
そもそも、あらゆる対人関係のトラブルの原因は、「土足で他者の課題に踏み込むこと」もしくは「踏み込まれること」なのだそうです。
 
よく例えとして、挙げられているのが、親子関係のこじれ。親は子どもに対して良い人生を歩んでほしいと願うが、子どもがそれに応えてくれないから親が子を叱る。子はますます反発し、距離ができていく。という世間でもよく聞かれるものです。
 
「子どもに良い人生を歩んでほしい」というのは親の課題であって、その課題を解決するのは子どもではありません。子どもには子どもの考える良い人生があります。そこに、親が親の課題を放り込んでくるからこじれていくわけですね。
 
僕には以前、いつも他者の視線を気にして、他者からの評価に怯えながら仕事をしていた時期がありました。仕事の目指すところが「他者の期待を満たすこと」になってしまっていました。だから、いつも自分の仕事に対して不安がつきまとい、職場にいるだけで相当に疲れました。
 
あの状況で「課題の分離」を知り、「これは誰の課題なのか」という観点から考えることができていたら、きっと、状況は変わっていたのではないかと思います。
 
「僕の仕事について他者がどのような評価を下すのか」というのは他者の課題であって、僕にはどうすることもできない。だから、僕にできるのは目の前の仕事を粛々と仕上げていくことだと、割り切れていたのではないかと思います。
 
あの時の僕は、本来は他者の課題であるはずのことまで、「自分の課題」だと思いこんでしまった為、僕自身を苦しめることになっていたのでした。
 

課題の見分け方について

では、自分の課題と他人の課題を見分けるにはどのようにすればよいのか、知りたいですよね。
 
誰の課題かを見分ける時に大事なのは、その課題をしないことによって最終的な結末として誰が困るのか・責任を取るのか、ということを考えることです。これができるようになるだけで、対人関係は激変するとアドラーは言っています。
 
僕の例で視てみると、目の前の仕事をしないことによって最終的に困るのは僕ですが、僕の仕事への評価については、最終的な責任は上司にあるということがわかります。
 
よって、目の前の仕事は僕の課題。仕事への評価は上司の課題。と、課題の分離ができました。
 
このようにして、最終的な結末として誰が困るのか・責任を取るのかを見分けて行く作業を行うことで、課題の分離ができていきます。
 

他者の課題を切り捨てよ

「他者の課題を切り捨てよ。それが対人関係の入り口である。」と、アドラー心理学の岸見一郎先生は言っています。
 
先程挙げた親子の例のように、他者の課題に介入すること、昔の僕のように他者の課題を抱え込んでしまう事は、自らの人生を重く苦しいものにしてしまいます。
 
もし、人生に悩み苦しんでいるとしたら、悩みは対人関係によるものなので、「課題の分離」を考えてみる。
 
そして、ここから先は自分の課題ではないという境界線を知り、他者の課題を切り捨てる。それが、対人関係を改善する第一歩になるということです。
 
どれだけ他人の課題を背負い込んだところで、こちらの思い通りになるものではないですからね。
 

良好な関係を作るために

良好な対人関係を結ぶにはある程度の距離が必要です。アドラー心理学的に視ると、その距離を断りもなく詰めたり、詰められることによって、侵入されたくない領域に入ってしまうからトラブルに発展するわけですよね。
 
“手を差し伸べれば届くけれど、相手の領域には踏み込まない適度な距離”を保つためには、課題の分離が役に立ちます。
 
課題の分離ができているからこそ、必要な時に手を差し伸べることができるし、強引に引っ張ることも巻き込まれることもなくなる、ということが言えますよね。さらに、課題の所在について相手と話し合うことも可能になってくるのではないでしょうか。
 
課題の分離を心掛けることにより、土足で相手の課題に踏み込むことがなくなれば、適度な距離を保ちながら、必要に応じて相手の了解のもとで介入したり、してもらったりすることができるようになっていく。対人関係のトラブルは減り、その代わりに良好な関係が築かれていくのだと思います。
 

相手に課題の分離を期待しない

他人と過去は変えられない。自分と未来は変えられる。という言葉もある通り、課題の分離は自分が行うようにしないと元も子もありません。
 
どこまでが自分の課題で、どこからが他者の課題なのか、冷静に線引きをする。そして他者の課題には介入せず、自分の課題には誰ひとり介入させないということを日々お稽古していくことが大切だと思います。
 
また、課題の分離は対人関係のゴールではなく、入り口であるということを忘れてはいけません。アドラーは「課題は分離するが、他人との関係は切ってはいけない」と言っています。
 
「それは私の課題ではない」ということで、他者に対して一切関心を持たないということではないということです。
 
人と人が関わると必ず摩擦が起きるが、同時に、生きる喜びも人と人の関わりの中でしか感じることができないからです。
 

おわりに

いかがでしたか?
 
今日は、「【課題の分離】が対人関係の悩みを取り去り、良好な関係を作る入り口となる!?」というテーマでお伝えしてきました。
 
特に押さえておきたいところは、
・土足で相手の課題に踏み込むことが対人関係のトラブルの原因になる。
・課題の分離をすることが、対人関係の悩みを解決に導き、良好な対人関係を作る入り口になる。
・自分が変わろうとする、日々お稽古に励む。
・他人の課題を切り捨てても、関係は切ってはいけない。

ですね。僕も絶賛実践中です。

ふと、グループ内にこの考え方を浸透されることができれば、グループ内での人間関係のトラブルに、リーダーが頭を悩ませることも無くなるのではないかとも思いました。

ぜひ、課題の分離、少しずつでも、日々の生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

参考文献

この本をモデルにしたドラマもあった、アドラーの名前を世に知らしめた岸見一郎先生によるベストセラー。今回取り上げた「人間関係は摩擦が起きて当たり前」についても書かれています。アドラー心理学の哲人と、人生を変えたくて相談に訪れた若者の対話形式で書かれているというのが、他の心理学の本にはない新しさがあります。 
 
 

あわせてどうぞ

 

www.kokoronokawamuki.com