ココロの皮むき

産業カウンセラーとキャリアコンサルタントの資格を取得してから心理学にどっぷりハマっている日々の忘備録。アドラーとかSFAとか受講したセミナーのこととか読んだ本のから得た気付きとか。とにかく心理学に繋がることなんでも忘れないように書いてます。

【追悼】アレサ・フランクリンによるアデルのカバーにテンションが上った話。

f:id:kokoronokawamuki:20180822231929j:plain

こんにちは。
どいつよしです。

アレサ・フランクリンが亡くなってから、
アレサの曲を聴くことが多い今日このごろです。

アレサの訃報についてはこちらを参照。


先日、シャッフル再生で聴いていたところ、
耳馴染みのある大ヒット曲のメロディラインが流れてきました。

あれ?
いつの間に別の人の作品に変わってしまったのかな?

と思いましたが、よく聴くと、歌声はアレサです。

そう!
その曲はアレサによるカバーだったのですね。

アレサがカバーした大ヒット曲とは。。。!


『Rolling in the Deep』


そう!
ここ最近のグラミー賞でもお馴染みのアデルの曲。

サウス・ロンドン出身のシンガー、
アデルの2ndアルバム『21』の1曲目に収録されていて、
代表曲にもなっているのが『Rolling in the Deep』。


Adele - Rolling in the Deep



それをアレサが歌うとこうなりました。


Aretha Franklin - Rolling in the Deep / Ain't No Mountain Live Adele Cover Version


この動画では、
さすがにちょっと声が出しにくそう。。。
って思う箇所もありました。

でも、
70歳超という年齢を考慮すると、
よくまぁこれだけ歌えるもんだ。
と、感心せずにはいられません。

ちなみにCD版は、
録音時の調子が良かったのか、
よく声が出ています。

とてもパワフルで、
シャウトも鳥肌立つくらい素晴らしいので、
ぜひ聴いてみてほしいです。

アレサのカバーの後半には
マーヴィン・ゲイとタミー・テレルの大ヒット曲
『Ain't no Mountain High Enough』との
コラボレーションが行われています。

盛大にフィナーレへと向かう流れには、
興奮せずにはいられませんでした。
こういう遊び心はほんとに好きです。

CD版は、こちらから購入が可能です。
CDで手元に置いておきたい、
じっくり良い音で聴きたいならぜひCDをどうぞ〜。

合わせてどうぞ〜