ココロの皮むき

産業カウンセラーとキャリアコンサルタントの資格を取得してから心理学にどっぷりハマっている日々の忘備録。アドラーとかSFAとか受講したセミナーのこととか読んだ本のから得た気付きとか。とにかく心理学に繋がることなんでも忘れないように書いてます。

【関西弁版】「奇跡を起こす!?」 ミラクルクエスチョンをソリューションフォーカストアプローチセミナーで学んできた

まいど!
どい つよしやで!
 
『ココロの皮むきブログ』で人気No.1の
ミラクルクエスチョンについての記事。
 
これをな、関西弁にすることによってな、
わかる人が増えるんちゃうかと思うて、
関西弁バージョンを書くことにしてん。
 
ちなみに、
ワイは人生の半分を大阪で過ごしたさかい、
大阪が第二の故郷なわけや。

最近めっきり関西弁使わんなったから
ところどころボロが出てしもうとるかもしれん。

ま、そのへんはかんにんな。
 
ほな、いくでー。
 
ーーーここから本文ーーー
 
ソリューションフォーカストアプローチ
(SFA)セミナーの4回目。
 
少しずつSFAの解決構築の
テクニックの理解も進んできたわ。
 
この日は、
SFAで使われる効果的な質問のうち、
「対処法の質問(コーピング・クエスチョン)」
「スケーリング・クエスチョン」
「ミラクルクエスチョン」を学びましてん。
 
前回まで、
対処法の質問(コーピング・クエスチョン)、


スケーリング・クエスチョンについて、
振り返ったやんな。


今回は、
奇跡が起きたと仮定して解決像を描いてもらう、

ミラクルクエスチョンってなんやの?

奇跡が起きたと仮定して
問題が解決した姿やありたい姿を
具体的にイメージさせる質問やねん。
 
SFAでは相談の初めの方に、
クライエントが相談を通じて
どのような姿になりたいのか?っちゅう
ゴールを設定するねんな。
 
以前は「ゴール作りの質問」を学んだわな。 


ゴール作りの質問では、
クライエントがなりたい姿を
答えさせるっちゅうことやったわな。
 
そして、さらに、
もっと具体的なイメージをともなった
ゴールを設定するには、
今回学んだミラクルクエスチョンが
役に立ちますっちゅうわけや。
 

ミラクルクエスチョンの使い方やで

 

其ノ壱
①ゴール作りの質問をする
・クライエントが面接を通してどうなりないのかを訊く

②ミラクルクエスチョンを使う
 ・クライエントが望む未来をありありとイメージさせる

  

其ノ弐
①例外探しの質問や、スケーリングの質問をする
・クライエントのポジティブな面に光を当てる

②ミラクルクエスチョンを使う
・行動変容を促していく手段の一つとして使う
 

 

えっ!? 
例外探しの質問や、スケーリングの質問で、
ポジティブな面に光が当たらない時はどうすんのかって?

あわてることなかれ。
ミラクルクエスチョンによって打開するっちゅうことも
あるみたいですわ。知らんけど。

①例外探しの質問や、スケーリングの質問をする
・ポジティブな答えが返ってこない!

②ミラクルクエスチョンを使う
・シンプルミラクル(後ほど解説)が有効

 

ミラクルクエスチョンへ向けての儀式

クライエントが、
奇跡が起きた時の事を
ありありとイメージできるには、
 
ミラクルクエスチョンを投げかけるまでに、
クライエントがイメージを創りやすい状態に
しておくことが必要やねんな。
 
その下準備として、
“クライエントの日常をイメージして
もらうようにする儀式”を行うねんな。

以下のような流れやねんけど、
文節を区切り、クライエントが
「はい。」と相づちを打てるような
余裕のある話し方がええみたいやわ。
 
Co「今から変わった質問を
  しよう思うてんねんけど
  かまへん?」
(ミラクルクエスチョンへの導入)
Cl「かまへんで。」
Co「この相談が終わったら家に帰りはるやんな。」
Cl「そやな。」
Co「そして、夕食を食べはるわな。」
Cl「そやな。」
Co「そして、お風呂に入りはるわな。」
Cl「そやな。」
Co「そしたら、
  しばらくしてお休みになりはるわな。」
Cl「そやな。」
Co
「今晩あんたが眠って
、家中が寝静まっている間に
奇跡が起こるとするやろ?
 
それは、
あんたが思ってはることの
ぜんぶが解決するっちゅう
奇跡やねん。
 
でも、
あんたは眠ってはったから
奇跡が起こったことを知らへんねん。
 
明日の朝、
目が覚めた時にどんな違いがあったら、
奇跡が起こって問題が解決したんやと
わかりはるやろか。
 
なんかいつもとちゃうなぁ、
と感じるのはどんなところでっしゃろか?」
(テキストより関西弁で引用)
 

質問に対する回答の聴き方やで

ミラクルクエスチョンで引き出した
クライエントの理想のイメージを、
より明確で具体的なものにし、

それへ向けての一歩が
踏み出せるようにしたいところやんな。
 
まずは、クライエントの
ミラクルアンサーを聴いていくでー。
 
ここで大事なのは、
時系列で奇跡が起きた状況を整理する事やねん。
 
はじめっからクライエントが
時系列で話してくれる場合はええねんけど、
そやない場合は、
要約を使って時系列にして応答するねん。
 
そうすることで、クライエントも、
奇跡が起きた状況のイメージを
明確にすることができやすいねんな。
 
ほんで、

例外探しの質問や、
5w1h(いつ、どこで、誰が、
何を、どのように)の質問をくり返しながら

イメージがさらに具体的になるように
聴いていくというわけや。
 
(例外探しの質問例)
「それ(ミラクルアンサー)に
1番近いと思いはる日はありませんでしたか?」

(5w1hを基にした質問例)
「その時のあんたはどんな表情を
していると思いはります?」

「あんたに対する周りの反応は
どないなってると思いはります?」
 
上のような質問を繰り返していくことで、
現実に起きそうなくらい明確なイメージを
クライエントが描けるようにするねん。
 

シンプルミラクルクエスチョンという選択肢もあるで

ミラクルクエスチョンの儀式を行わず、
話の流れの中で聴いていく
ミラクルクエスチョンもあるで。
 
一旦話を止める必要がないので、
お手軽な感じがするやろ?

いらちな大阪人にはこっちの方が
ええんとちがうかな。
 
例)
「ぜんぶの問題が解決したとしたら、
あんたはどんな状況になってはりますか?」

「ほんまのところはどないなればええと
思ってはりますか?」
 
「もし、○○があったらどうなりますやろな?」

とかやな。
 
ミラクルアンサーに対する聴き方は、
ミラクルクエスチョンとおんなじやで。
 
時系列で整理して、
明確にイメージを描けるように
例外探しの質問や、5w1hの質問を
繰り返していくってことや。
 
ちなみに、
ミラクルクエスチョンは、
マツダミヒロさん主宰の
【魔法の質問】の未来質問に似ていると思うわ。
 
未来質問は、
こんな感じで問いかけていくねんな。
 
「これからあんたの人生が
ぜんぶ思い通りに進んだとするやろ。
望みごとや夢も全部叶っていくとするわな。
そないなった時、10年後のあんたは
どないになってると思いはる?」
 
未来質問では5年後、10年後というスパンで
問いかけを行うことが多いねんけど、
「明日の朝どないなってると思いはる?」
という問いかけにしてみると、
SFAでも使えそうやわ。
 
魔法の質問についてはこっちな。

shitsumon.jp

 

最後に書かせてや

どないやった?
今回はミラクルクエスチョンについて
関西弁で振り返ってみたでー。
 
イメージの中だけでも
奇跡を起こしてみると、
とてもワクワクせえへん?
 
イメージが明確に
具体的に描ければ描けるほど
現実になりそうな気にならへん?
 
人間の脳みそは
現実と非現実の区別が
つかへんねんて
 
ありえへん非現実のことでも、
脳みそはOKを出すねんて。
 
ほんで、
現実になるようにしていくねんて。
知らんけど。
 
ミラクルクエスチョンで、
問題を解決した時の自分の姿を
ありありとイメージさせるだけでも、

クライエントの脳みそに刺激を与え、
解決へ気持ちを向かわせる
きっかけになるのではないかと思うわ。

合わせて読んでみてな〜

SFAを書籍で学びたい人は読んでみてな〜

SFAといえば、インスー・キム・バーグ。
そのインスーが書いた本がこちらやねん。
事例も豊富にのってんで〜。

SFAのカウンセリングの進め方が
イメージしやすいと思うわ。

最新の第4版は事例が増えて、
濃い内容になってんねんけど、本がデカイ!
日頃、本を持ち歩く人にはキツイかもな。

本を持ち歩くことが多い人は、
通常の単行本サイズの第3版がええと思うわ。

ちなみに、僕は、第4版を持ってんで。
興味わいたら読んでみてな。オモロイで。

解決のための面接技法[第4版]―ソリューション・フォーカストアプローチの手引き

解決のための面接技法[第4版]―ソリューション・フォーカストアプローチの手引き

  • 作者: ピーター・ディヤング,インスー・キム・バーグ,桐田弘江,玉真慎子,住谷祐子
  • 出版社/メーカー: 金剛出版
  • 発売日: 2016/02/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
解決のための面接技法―ソリューション・フォーカスト・アプローチの手引き

解決のための面接技法―ソリューション・フォーカスト・アプローチの手引き

  • 作者: ピーターディヤング,インスー・キムバーグ,桐田弘江,玉真慎子,住谷祐子
  • 出版社/メーカー: 金剛出版
  • 発売日: 2008/08/08
  • メディア: 単行本
  • クリック: 21回
  • この商品を含むブログ (8件) を見る